料金案内

保険診療・自費治療の大まかなお値段になります。詳しくはお問い合わせ下さい。

保険診療

虫歯治療、歯周病治療、歯石除去など
保険適応の窓口負担は社会保険、国民健康保険ともに3割となります
*必ず保険証をご持参ください(毎月初回に提示が必要です)

自費診療料金

義歯(入れ歯)

金属床 18万円〜(1装置)

金属床義歯とは、床(歯ぐきで支える部分)が金属で出来ている入れ歯です。床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする総入れ歯を作れる可能性が高くなります。保険の入れ歯では温かさや冷たさを感じにくいのですが、金属床だと十分感じるため、お料理の味覚を存分に楽しめます。保険の入れ歯ではどうしても満足できないという方におすすめです。

金属床写真01
金属床写真02

保険の入れ歯と、金属床の厚みの比較です。

金属床写真03
金属床写真04

※右側が保険の入れ歯、左側が金属床の入れ歯です。

チタン床 30万〜(1装置)

金属床とほぼ同じ特徴ですが、チタン床は金属床に比べて重量が軽く、厚みも薄いので違和感がさらに少ないです。チタンは、人工関節やインプラントなどに使われている素材ですので体への親和性(人体によくなじみ、無害な成分である)が高い素材です。

ノンクラスプデンチャー 8〜15万円(1装置)

ノンクラスプデンチャーは保険診療の入れ歯と異なり金具を使わないので、パッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないため、審美的に非常に有効です。また非常に軽くて、柔らかく、装着間も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないです。
☆ノンクラスプデンチャーと金属床をコンビネーションする事も出来ます。そうする事によって義歯の厚みを最小限に薄くする事が出来ます☆

ノンクラスプデンチャー写真01
ノンクラスプデンチャー写真02
ノンクラスプデンチャー写真03

保険診療で作る場合はバネが金属になります。

ノンクラスプデンチャー写真バネ

インプラント

1本30万円〜

インプラントとは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根(チタン)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、白分の歯のように噛めるようになります。歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

ホームホワイトニング(ご自宅で行うホワイトニング)

ホームホワイトニングキット(前歯12本 2週間分) 1.5万円

ホームホワイトニングとは、患者さん自身がマウスピースの中に薬液を入れ、家で毎日数十分〜数時間装着する方法です。マウスピースは歯科医院で製作します。希望の白さになるまで続けてください。個人差はありますが、約2〜8週間で効果を実感されると思います。歯医者さんで行うホワイトニングより安価で、色の後戻りしをにくいなどメリットがあります。

ホームホワイトニングキット写真

※自費治療におきましては、別途消費税がかかります