春日市にある歯科・歯科医院・歯医者

〒816-0807 福岡県春日市宝町4-21-1

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:00

 ▲:9:00~13:00 休診日:土曜午後・日曜・祝日
※最終受付は診療時間の30分前
※口腔外科の診察は月に2回(要電話問合せ)

ご予約・お問合せはこちら

092-582-2201

2023年1月のブログ

メンテナンスと歯周病の関係【春日市の歯科が解説】

 

皆さんは歯科のメンテナンスを受けていますか?メンテナンスは、単に経過を見るだけではなく、お口の病気の予防や健康維持・増進にまで寄与します。それだけに3~4ヵ月に1回は受けておきたいものです。今回はそんなメンテナンスと歯周病の関係について、春日市の田中歯科医院がわかりやすく解説します。

▼歯周病は再発しやすい病気

歯周病は、治療によって歯茎の炎症や出血がなくなり、歯周ポケットも浅くなることで治癒したものとみなされます。ただ、この病気は再発しやすく、セルフケアだけを行っていても安定した状態を保ちにくいのが現実です。そのため当院では、歯周病を再発させない、もしくは早期発見・早期治療を実現させるためにも、定期的なメンテナンスの受診を推奨しております。

▼メンテナンスで行うこと

メンテナンスでは、「歯周組織検査」を実施します。プローブと呼ばれる器具で歯周ポケットを測ると同時に、出血の有無も調べます。ピンセットで歯に圧力を与える動揺度検査やプラークの付着状態のチェック、必要に応じて行うレントゲン検査で顎の骨の状態も確かめます。これらはまさに歯周病の有無や進行度を評価するためのものなので、多くの方に積極的に受けていただきたいです。

メンテナンスではその他、クリーニング・スケーリング(歯石除去)を行って、歯周病菌や虫歯菌の温床となる歯垢・歯石を一掃します。歯磨きのプロフェッショナルである歯科衛生士からブラッシング指導も受けられますので、セルフケアの充実もはかれます。

▼歯周病は日本人の成人の約8割がかかっている?

歯周病は、軽度のものも含めると、成人の約8割がかかっていると言われています。これは歯周病が自覚症状に乏しい病気であることも関係しているのですが、やはり日本人のメンテナンスの受診率が口腔ケアの先進国と比較して極端に低くなっていることが影響しています。その点も踏まえた上で、歯医者のメンテナンスの重要性を改めて考えていきましょう。

▼まとめ

今回は、歯科のメンテナンスと歯周病の関係について、春日市の田中歯科医院が解説しました。歯周病を予防、早期発見・早期治療する上でメンテナンスは極めて有用です。心身に大きな負担がかかるような処置でもありませんので、3~4ヵ月に1回はメンテナンスを受けましょう。

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3か月先のご予約もお気軽にどうぞ。

092-582-2201

診療時間

 
午前
午後

午前:9:00~12:30
午後:14:00~18:00
▲:9:00~13:00

※最終受付は診療時間の30分前です。口腔外科の診察は月に2回あります。くわしくはお電話にてお問合せください。

休診日

土曜午後・日曜・祝日

092-582-2201

〒816-0807
福岡県春日市宝町4-21-1

田中歯科医院では一緒に働いてくださる仲間を募集中です!